冷え性の悩み改善する方法を必死で考える

冷え症にさよなら!アラサー女子の温活ブログ

コラム

ほうれい線が深くなってきたと悲しむ前に出来る事をやろう

投稿日:

年齢が高くなるにつれ目元のシワや口元のほうれい線など気になりますよね。

肌にも老いが現れるようになったらエイジングケアに対応した化粧品でスキンケアをすれば、老化の進むお肌に歯止めをかけられるかもしれません。

ですが、20代などから早めに対策しようとして、化粧水などをエイジングケア対策コスメにしたとしても、必要以上に養分を与えてしまい寧ろ肌の状態が悪くなってしまいます。つまり、年齢も肌も若いうちから使えばより効果的というものではなく、年相応の年齢肌に対してエイジングケアをしていく方が肌にとって良いことだと認識し、健やかな肌を目指しましょう。
歳をとると現れてくる数々のシミにシワ、透明感のない肌にたるんだ顔などスキンケアの悩みは増える一方でどうやってお手入れをしていけばいいのか迷いますよね。
そんな多くの悩みに応えてくれるスキンケア商品が今では沢山でているので、気がつくと沢山買い込んでる何てことも。
でも目的の違う商品をあれこれ塗り重ねるより、まずは1つの悩みに特化したケアを行うことで効果も高く結果がわかりやすいのでは、と思います。

まずは自分の一番気になるところを一点集中でやっつけるつもりで、私はスキンケアしています。おでこや鼻のまわりなど、ニキビは、比較的皮脂の分泌が多い場所にできやすいものというという印象が多いかもしれません。

しかし、顔以外に、背面にできることもあります。背中にできたニキビは、自分ではなかなか見づらいので、悪化してから気づくのが特徴です。

シャンプー等が付着しやすい背中は、汚れが落ちにくい場所です。意識して洗い、背中ニキビを出来にくくしましょう。そろそろ秋もお終いが近くなり、いよいよ寒さでちぢこまる冬がやってきますね^^;皆さんは冬に向けて念入りなスキンケアをしていらっしゃいますでしょうか?冬の寒さと乾燥が、乾燥肌や敏感肌をお持ちの方を悩ませますよね…。

まずスキンケアに大切なことはズバリ「保湿」です。

様々なところで登場するキーワードですが、冬こそしっかりと保湿をしなければいけません。

マスクやマフラーを仕様して、冬の冷たい風からお肌を守るのもいいですし、スポーツなどで汗を出すことも大事です。

また保湿は、できれば"弱酸性"の化粧水の使用をお勧めします。今年の冬こそ自慢したくなる美肌を手に入れましょう!もうすぐ秋も終わり、寒い寒い季節がやってきます^^;冬特有の寒さと乾燥からお肌を守る準備、皆さんはもう済まされましたか?乾燥肌さん、敏感肌さんにとって冬は辛い季節ですよね。

最初に肌のお手入れの最大のポイントが「保湿」にあります。

様々なところで聞いているとは思いますが、冬場は特別保湿に努めましょう。例えばマスクやマフラーで防寒し、肌が冷たくなりすぎないよう気をつけたり、潤いキープのためにスポーツでじんわりと汗をかくことも大事です。
また化粧水はなるべく”弱酸性”のものを選ぶとよいでしょう。今年こそ透明感のあるマシュマロ肌を目指しましょう!妊娠中はもちろんですが産後であっても通常とは異なるホルモンバランスのため産前とは肌質が違うという事もよくあります。これまで乾燥とは無縁だったのに乾燥しやすくなった、シミが増えてきてしまったかも。

こんなときには、普段よりも時間や手間をかけてスキンケアしていきましょう。悪阻が酷くて動くのもしんどい…。

ここでわざわざ無理をすべきでは無いと思いますが、シミが多くなったというのであれば、家の中にいる時でも、また冬であっても日焼け止めを塗るようにするとシミができにくいのでぜひ塗るようにして下さい。出産を終えてからホルモンのバランスが崩れたのか肌荒れが出るようになりました。

乾燥肌なのは出産前からのことですが、化粧水で肌がピリピリするようになったのは産後からでした。

その際に、乾燥性敏感肌でも使えるという化粧品を使い必要以上に肌を触らないようにして、化粧水とクリームの2ステップだけでスキンケアを続けたところ、悪くなるどころか見事に肌のコンディションが復活しました。産後はスキンケアにかける時間もなかったので一挙両得でした。妊娠してからは赤ちゃんがいるので当然だとして、全ての女性が常日頃から意識しておくべきことは、どの化粧品を使うか。化粧品の成分こそ、この「何」になります。

石油合成物質で作られているものは、母親の皮膚から体内、そして胎児にまで届き何らかの影響を与えると考えられています。胎児の過ごす羊水が濁るだとか、赤ちゃんの飲む母乳にも石油の成分が入っている可能性もあるとか。にわかには信じがたい話ですが、真実であればとんでもない話です。

こうした話が出ている以上、石油合成物質を含んだ製品を避けた方が良いかもしれませんね。

お肌は年齢とともに皮膚の組織のターンオーバーが遅くなります。20代の時は28日周期でも40代になると倍程の日数が必要になります。
古い皮膚がずっと剥がれ落ちないのでシミやくすみが増えるのも当然ですね。
40歳以降は付けるだけでなく、拭きとれる化粧水を使ったり、時々ピーリングも始めています。
この頃はくすみが徐々に取れていって明るい顔色に戻っている気がします。
気になる方は、ぜひ試してみてください。毎日のように行う入浴、これは乾燥肌をお持ちの方は入り方に気をつけるべきです。
入浴は美容面でもお肌にとても良い影響を与えてくれますが、その方法を間違えてしまうと肌はたちまち乾燥肌になってしまいます。
肌の乾燥防止の為に、入浴中にしてはならない3つの掟があります。

1.熱いと感じる温度での入浴やシャワーはやめて、長時間湯船に浸からないようにしましょう。

湯温は40度以下と温めにし、湯船に浸かる時間も20分までとします。2.顔や体を洗う時、擦りすぎたり洗いすぎたりしないで下さい。

特にタオルでゴシゴシはいけません。
良く泡立てた洗浄剤を手のひらで伸ばすように洗う。

③入浴後は肌から水分が空気中に奪われやすいので、保湿ケアは早めに行って潤いを維持しましょう。
ほうれい線対策化粧品ランキングをチェック

-コラム

Copyright© 冷え症にさよなら!アラサー女子の温活ブログ , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.