冷え性の悩み改善する方法を必死で考える

冷え症にさよなら!アラサー女子の温活ブログ

コラム

赤ちゃんのようなプルプル肌に憧れる

更新日:

赤ちゃんモデル

アラサーになると、高校時代から付き合っている仲の良い友達も
どんどん結婚していき、子供を生んで母親になっている。

結婚式の参加までは、羨ましいな・いつか結婚出来たらなと言う感情だったが
出産のお祝いとなると、なんとも言えない危機感が訪れる。

35歳まで出産を経験していないと、出産のリスクが高まるという話があるが
やはり、女性の身体としての危機管理なのか?

家族の仲良さそうな写真入りの年賀状や、インスタやフェイスブックなど
独身アラサー女性が、SNSから離れていくのは、自分の現実と
仲のよかった友人達の世界が離れていってしまう感覚だからなのかもしれない。

あんなにもファッションに気を使って、オシャレな雑誌を買っていた子が
いっさい自分の洋服を買わなくなったと聞いて驚いた。

映画が大好きで邦画は、いまいち見る気がしないと言っていた子が
NHKのおかあさんといっしょの話を楽しそうにしている。

何ともいえない、住む世界が変わってしまっている感

妊娠中から妊婦モデルとして雑誌に登場して
子供が生まれたら、ひよこクラブの読モになったあの子
自分の子を赤ちゃんモデルにするんだ!とオーディションを受けてきたらしい

既に、赤ちゃんモデルに合格したお友達も居るらしく
オーディションの攻略法などを情報交換していた。

当然、私はまったく会話の輪に入れない。
いや、形だけ入っては居るんだけど心ココにあらずという感覚。

独身女子と結婚した女子は、昔の様な友人関係とは違うのかな?
もちろん、赤ちゃん可愛いねーと言う気持ちがあるんだけど
ふっとした瞬間に、別世界観を感じてしまい。悲しくも怖くなってしまう

-コラム

Copyright© 冷え症にさよなら!アラサー女子の温活ブログ , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.